カナダは留学先としてなぜおすすめなの?選ぶときの基準とその理由を徹底解説

  • 失敗しない留学・ワーホリ虎の巻
  • なぜカナダ?
  • 快適な留学にするコツ
  • Facebook シェアする
  • LINEでおくる

近年多くの日本人留学生がカナダを留学先として選択していますよね?

実際にカナダは、世界の中でも比較的治安もよく、教育カリキュラムが整っているだけではなく、ビザの面でもメリットがあります。

今回の記事では、留学をする際にまず考える「どの国に留学するか?」という段階で考えておくべき基準と、多くの日本人留学生がカナダを選ぶ理由について解説していきます。

「なぜカナダなの?」という疑問にバシッと回答する内容になっておりますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

留学先を選ぶ上での基準やポイント

留学先を選ぶうえでの基準や大切にしたいポイントとして、以下の4つを抑えておきましょう。

  • 発音やなまり
  • 治安と環境
  • 教育水準
  • ビザの種類や充実度

それでは、ここから詳しく見ていきましょう!

 

発音やなまり

あなたの英語のベースは、最初に滞在した国が基準になります。

例えば関西の大学に留学した外国人留学生が関西弁のイントネーションで日本語を習得していくように、現地の発音やなまりは言語学習に少なからず影響を受けます。

特に一回目の留学となれば、これからの自分のベースになる英語にとても影響を与えるので、その国特有の発音やなまり、言い回しの有無は、留学先を決めるうえで一番大切なポイントです。

 

治安と環境

留学先の治安や安全性は、必ず抑えておきたいポイントです。

日本に住んでいる限り、夜間の外出でも身の危険を感じる機会はほとんどないでしょう。

しかし、海外では一人で深夜に出かける行為は危険なこととして捉えられている地域が多くあります。

学びのある楽しい留学にするためにも、留学先の居住地域周辺の治安や環境には十分に配慮するべきですね。

 

教育水準

留学は言語学習以外にも海外の専門知識を学ぶことができる絶好の機会です。

留学先の教育水準によっては、満足のいく留学ができない場合があります。

教育のレベルが自分にとって低すぎても授業がつまらないだけだし、高すぎても学習が苦しいだけです。

少し背伸びをする程度のしっかりとした教育カリキュラムが用意されている地域への留学がおすすめです。

 

ビザの種類や充実度

留学生にとってビザ申請は絶対に必要なものです。

実は学生ビザと一口に言っても、留学先によってその内容は大きく異なります。

例えばビザの申請時期や現地の滞在可能期間、延長の有無などです。

留学先を決めるうえでビザの内容や種類まで調べておくことが大切と言えるようですね。

 

カナダが留学先としておすすめな理由

ここまで、留学先の国を決めるときに大切にしたいポイントについて解説してきました。実は、カナダはすべてのポイントが当てはまると言っても過言ではありません。ここからは、カナダが留学先としておすすめな理由について、体験談を踏まえながら紹介していきます。

 

英語の発音になまりが少ない

カナダで話す英語は、日本人にも馴染みやすい北米英語で、文法を重んじているのが特徴です。歴史的にイギリス文化の影響を受けていることが原因の一つとして考えられます。

そのため、英語発音になまりが少なく、ベースとなる英語としてはうってつけでしょう。

カナダは英語学習の場として、日本人留学生にも人気の留学先です。

 

日本同様に治安が良い

カナダは、日本同様に治安が大変良いと言われています。

アメリカのように銃の保持が法的に認められているわけではないため、海外にいるという意識をしっかり持っていれば、安全面は日本での生活とほとんど変わらないです。

海外に行くのが初めての方でも、比較的安心して留学を楽しむことができるでしょう。

 

言語教育が充実している

カナダは英語を第1言語としている国にもかかわらず、国内の英語教育が充実しているのも大きなメリットです。

その理由として、英語とフランス語(ケベック州)の2か国語を公用語としていることが挙げられます。

英語を第2言語としている人のために、ESLと呼ばれる基本英語学習が必修カリキュラムとして、公立の学校に用意されています。とてもユニークな環境ですよね。

ESLは講師の質も高く、日本の留学生も安心して英語の学習が受けられるでしょう。

 

Co-op(コープ)有給インターンシッププログラムが充実している

Co-op(コープ)とは、カナダの専門カレッジでの「STUDY」+「WORK有給インターン(就労)」が1つになっているプログラムです。 

ビジネスからIT系などの専門知識を学んだ後に、 有給インターンシップによる就労体験ができるのが特徴です。

またこの就労体験は履歴書にも記載することができるため、日本帰国後の就職活動につながる留学をしたいという方はとてもおすすめです。

また、カナダでの履歴書の書き方、面接のアポの取り方、面接の受け方などプログラムの中で多くのことを学べるため、日本以外の海外で就職活動をしたいという方にもおすすめです。

Co-op留学の詳しい内容はこちらの記事を参考にしてみてください。ワーホリへの切り替えの方法やアルバイトの就労時間まで詳しく解説しています。

 

異文化を受け入れる体制が整えられている

カナダは移民国家という側面をもっているため、異文化を受け入れる体制が整えられています。

「これからのグローバル社会のあるべき姿に触れることができる国」であると言えますね。

そんなカナダの文化が日本人留学生にとっても住みやすいと感じさせるのでしょう。

ここからは、カナダの文化について体験談をもとにもう少しだけ詳しく解説します。

 

「相手と自分を比べる」のではなく「自分と相手の違いを理解し、尊重する」文化

カナダでは、日本人留学生に対して「自分らしさとか日本の文化」を認めるという考えのもとに接してくれます。

日本だったら相手に対して「郷に入っては郷に従え」という考えになりがちですよね。

実際に留学に行ってみると、アジア人留学生に対しての差別的な行為もほとんど見られません。カナダ人の外国人に対しての寛容さには、きっと驚くことでしょう。

 

カナダは移民大国だから「みんな違うのが当たり前」という文化

これは私の恩師の話です。彼女はメキシコの大学教授でカナダ人と結婚することになり、カナダ国籍を取得しました。

カナダでは国籍取得が認められた時、裁判所に行って裁判官の前で宣誓をします。彼女もそれに従い宣誓をしました。

すると担当裁判官が「今日からあなたはカナダ人です。でもあなたがどこで生まれたのかどの文化で育ったのか忘れないでください。そしてその文化をあなたの子供たちに伝えてください。私たちはそれを受け入れます。」と言葉をかけてくれたそうです。

「みんな違うのが当たり前」という前提で、あなたのバックグラウンドも大切にしてくれるでしょう。

 

多国籍多人種が共生しているカナダで充実した留学生活を

カナダは、世界の中でも比較的治安がよく、英語学習を含めた教育カリキュラムが整っているだけではなく、ビザの面でもメリットがあります。

さらに、カナダは異文化を受け入れる体制がある国です。

日本人留学生に対しても真摯に受け入れてくれるので、習った英語を積極的にアウトプットすることができる最高の環境と言えるでしょう。

 

このサイトを運営する「IAJP」では、カナダ留学に関する無料相談や留学サポートを実施しております。

カナダ留学、ワーホリの無料カウンセリングのお申し込みはこちらです。小中学生から社会人まで幅広い年代の方が対象となっています!

また、まずはLINEで気軽に相談したいという方はこちらからご連絡ください。

あなたもぜひカナダへの留学・ワーホリを検討してみてはいかがでしょうか。

【合わせて読んで欲しい記事】

【2022年最新】カナダですぐに自分のスマホ携帯は使えるの?インターネット環境を解説

【ワーホリ必見!】カナダ留学のビザの種類まとめ!最長滞在の組み合わせを紹介

カナダへのCo-op(コープ)留学のメリットとは?ワーホリとの違いや注意点を解説

カナダは留学先としてなぜおすすめなの?選ぶときの基準とその理由を徹底解説

高校生が海外留学に行くメリットとデメリットとは?カナダが選ばれるポイントを解説

留学目的から選ぶカナダのおすすめエリアを紹介!バンクーバーやトロントの特徴とは?

免責 当サイトに掲載する情報は、ビザ申請にあたって申請結果を保障するものではありません。ビザに必要な書類などの最終的な判断はカナダビザ査証部の担当官によります。こちらに記載があるのはあくまでも一般的な情報になり、申請にあたっての手順は日々予告なしにアップデートされます。最新情報はカナダ移民局カナダ大使館のサイトでご確認ください。当サイトを参考に申請した結果、なんらかの問題が生じた場合も管理人は責任を負いません。

  • Facebook シェアする
  • LINEでおくる
各種お問い合わせ