留学お役立ちコラム

【実体験】留学前の英語の学習方法

英語ができると、できないとでは現地での経験の量が違う


日本の英会話学校での勤務などの経験を活かし多くの学生のカウンセリングをバンクーバでしてきました。自分も語学留学経験して強く感じたこと。
英語ができるとできないでは現地での経験の量が違います!


現地で自分にあった学校を見つける事が留学はもちろんワーホリでも大切なキーポイントになってくるので、語学学校と英語の勉強法の知識のあるカウンセラーがいるエージェントを選んでください。

現地のサポートに重きをおくより、英語力を上げ自分で行動できるようにアドバイスをするのが本来の留学センターのサポートだとIAJPは考えます。
最初からカナダの現地サポートに頼ろうとするところが、まず失敗の一歩になります。
サポート料を何十万円と払うのなら、そのお金を英会話学校に使った方がご自分のためにもなります。


まずは英語力を上げて現地で自立できる手段を考えましょう。その為に自分にあった語学学校を選ぶ事が一番大切ではないかと思います。

英語の勉強法があり、現地の学校知識も多いカウンセラーがいる留学エージェントを選びましょう

ここでは私が日本の英会話学校で働いていた時に実際にレッスンで教えていた内容をご案内します


■オススメの英語勉強法

いろいろなアプローチがありますが、まずはリスニングがおすすめです!
英語の4技能(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティグ)の中で一番早くに効果があると言われています。ですのでまずは映画やTV、YOUTUBEなどを見る!自分の好きなジャンルでもいいですし、初心者にはディズニーがおすすめです。子供向けのアニメは簡単で聞き取りやすい英語を使っています。
中でもディズニー映画はきれいな英語を使っていますし何より大人でも楽しく見ることができます。お気に入りの1本を見つけたらひたすら繰り返して見るのがおすすめです。ちなみに私のオススメは「ターザン」です。(100回以上見たかな(笑))


普段見ている日本のTVの時間を英語の映画を見る時間に置き換えにするといいですね。最近はyoutubeもたくさん英語のものがあるので電車の中のながら勉強をするといいと思います。
BUT!リスニングは聞き流さない!必ず集中して聞いてください。

できれば字幕ありなしの繰り返しで3回以上見るのがおすすめです。

1回目:キャプション(字幕なし)…
最初に字幕をつけるとリーディングの訓練になってしまいます。まずは集中して聞いていきましょう。最初のうちは内容がわからなくてもOK!まずは最後まで見切ること。そして内容をイメージしようとする努力が大切です。繰り返していくうちに知らない単語でも映像も補助して理解できるようになってきます。

2回目:キャプション(字幕あり)…
次は字幕をつけてみてください。リーディングになってしまうかもしれませんが、リスニングより文字からの方が理解しやすいかと思います。なれてきたら口パクをしていきましょう。完璧でなくて大丈夫!これは英語口にするための体操だと思ってください。日本語と英語は使う口の筋肉が違います。英語口するための訓練だと思って是非挑戦してください。英語口ができると実はリスニング力向上にも繋がる相乗効果が見られます。

3回目:キャプション(字幕なし)…
字幕なしでもう一度見る。1回目とどう違うか確認することに意識をおいてみるとよいかと思います。


私はカナダで英語教授法の勉強をしていましたが、その中で英語に触れる時間は1日4-5時間あると良いと言われています。諸説ありますがそうすると英語耳は6ヶ月くらいでできると言われています。

でもそれは机の前に座ってカリカリと勉強するのではなく、【英語に触れる時間】という意味。

DVDを見る、誰かと話す、新しい単語を覚えるなど。。日常生活の中でどれだけそれを組み込むことができるかつまりどれだけ継続できるかが英語上達のコツになります。


■相手がいないときは自分の行動を独り言で実況中継!

相手がいないときは自分の行動を独り言(セルフトーキングと言います)がオススメ!時間や場所や相手の心配することなくいつでもスタートできます。

最初は自分の日常を実況中継するといいと思います。


例えば、料理する時であれば、

I…
open the refrigerator.(冷蔵庫)
take some carrots, potate and onions.
close  the refrigerator.(冷蔵庫)
cut the vegitables.


などのように最初は自分を主語にして話すのがおすすめです。(実況中継であれば3人称とか過去形とかややこしい文法を気にせずに続けることができますし、行動を英語にするので日本語→英語に変換する癖も取る訓練にもなります。

時間を計るのがオススメ!
どのくらい日本語なしでセルフトーキングを続けられるかがポイント。最初は30秒かもしれません。でも次の日は1分…3分…5分とだいたい15-30分ほど日本語がでなければ英語脳に近づけている目安。そしたら今度は自分でトピックスを変えてみてチャレンジしていきましょう。

例えば「昨日の1日の出来事」にすれば「過去形」が文法ポイントになります。シチュエーションが変われば使う単語や文法が変わってきます。
自分が使う単語は身近なものから覚えていきましょう。調べた単語は必ず10個以上文章を作って自分でセルフトーキングしてみてください。



英語の勉強は「学習のしかた」ではなく「習慣のしかた」をできるようにする事。
そのためにも自分の興味のあるもの、楽しむこと何より楽に続けるように工夫することが大切です。机に向かってだけの勉強は絶対にしないでくださいね!

まず相手が何を言っているかなんとなくだけでもわかれば、YESかNOか答えることができると思うので話すことよりも聞けることに重きをおいていきましょう。

英語の勉強法やワンポイントレッスンなどLINE@で案内しているのでよければ登録お願いします。

 


その他に読んで欲しい記事

→留学エージェントは必要?

→出発前にしっかりと「留学活動」をしよう!

各種お問い合わせ