留学お役立ちコラム

カナダビザ種類の違い

カナダに長期滞在するための方法をご紹介します。 ご自分にあった方法でカナダ生活を楽しく過ごしましょう。 方法で迷っている場合はお気軽にお問合せください。

1 ビザの違い

1.1 カナダワーキングホリデー

最大1年滞在でき、就労が可能。最大6ヶ月までの就学ができます。
カナダワーキングホリデー 申請方法はこちら
ワーキングホリデー(IEC)申請代行(有料)始めました!

1.2 学生ビザ

6ヶ月以上の就学をする場合必要なビザ。
基本的に就労はできません。
但し、 政府指定校の6か月以上の専門プログラム(ESLなど語学プログラムは除く)で就学する場合はプログラム就学中アルバイト(就労)することができます。

1.3 観光ビザ

カナダは6か月までの就学・就労は観光ビザ(=日本のパスポートのみ)で渡航が可能です。
IAJPは学校申込みされる方でビザ申請が必要な方は無料でお手伝いさせていただきますのでご安心ください。
尚、申請方法についてもわからないことがありましたら気軽にお問合せください。

1.4 ワーキングホリデーと学生ビザの違い

ワーキングホリデーと学生ビザの大きな違いは就学期間です。基本的に就学期間が6か月を超える場合は学生ビザの申請になります。
また学生ビザは基本的に就労ができないのも大きな違いの1つです。
但し、 政府指定校の6か月以上の専門プログラム(ESLなど語学プログラムは除く)で就学する場合はプログラム就学中アルバイト(就労)することができます。
例えば、6か月以内の就学で現地で働く経験をしてみたい、現地でアルバイトしながらお小遣い稼ぎをしたいという方はワーキングホリデーでの渡航であれば1年の滞在・就労も認められているのでが良いかと思います。
尚、カナダの場合、観光ビザ(=パスポートのみ)でも6か月を超えなければ就学・滞在することが可能ですので最初に観光ビザで入国してからワーキングホリデーを申請することも可能です。(但し、ワーホリに切り替えの際はアメリカなど、カナダ国外に出国し、カナダ再入国する必要があります)それにより6か月間就学し、その後1年間ワーホリでフルに働くことも可能です。
但し、観光ビザの場合は入国の際基本的に復路の航空券が必要と言われていますので、もし入国後学校に行かれる方であれば観光ビザより学生ビザで入国し、現地に到着後ワーホリに切り替え手続きという方法もあります。学生ビザであれば片道チケットで入国が可能と言われています。

  就学就労滞在期間
学生ビザ 6ヵ月を超えての就学が可能 基本的に不可能
但し、 政府指定校の6か月以上の専門プログラム(ESLなど語学プログラムは除く)で就学する場合は可能。
学校申込み期間の滞在が可能
ワーキングホリデー(IEC)ビザ 最大6か月までの就学が可能 最大1年間の就労が可能 最大1年間の滞在が可能
観光ビザ
(=パスポートのみの入国)
最大6か月までの就学が可能 不可能 最大6か月までの就学が可能
各種お問い合わせ