留学お役立ちコラム

カナダの銀行について

現地に到着後、口座を開設されると便利と思います(長期の方)。
カナダは、デビット、小切手、E トランスファなどでの支払いが多く、家賃などはE トランスファで最近支払うのが一般的になっています。ですので必ず解説時にオンラインが使えるようにすると便利です。銀行によってサービスが違いますが、内容はほとんどかわりません。自分の便利なとこにATMがあるなどで決められたらいいと思います。

TD Bank America's most convenient bank

TD BANK

カナダ全国に支店を持つ銀行。バンクーバ支店は日本語オフィスがあるので安心して口座開設の手続きができます。

CIBC logo. Banking that fits your life.

 

CIBC

セブンイレブンなど24H営業のお店にATMの設置が多いのでお金を引き出すのに便利な銀行です。

Royal Bank

カナダのどこでもあるといわれている銀行。バンクーバには日本語サービスがあるので安心して口座開設が可能。

日本語サポートあり。

【カナダの銀行口座開設方法】

直接窓口に行くことも可能ですが、事前に電話やオンラインで予約することをおすすめします。(日本後サポート希望などもその際に問い合わせすると良いかと思います)

<必要なもの>

顔写真がある身分証明書2つ:(例)パスポート、SINカード、国際学生証やカナダ運転免許など

カナダの住所を証明できるもの:(例)光熱費や携帯会社などの請求書

 

日本の銀行とカナダの銀行の違い

その① 口座維持手数料が毎月かかる

日本は口座を保持するのに特に費用は発生しませんがカナダは発生します。但しプランによってサービス内容や料金は違く、残高金額によってはその手数料も支払わないで済む特典があります。
例えば、TD BANKのバリュープラスプランですと口座維持費用月額$10.95ですが、その中には25回分の現金引出手数料やデビット決済手数料が無料でついてきます。
また$2500以上の残高が月末時にあればその金額は免除されます。
日本ではなじみが少ない口座維持費ですが、月額でATM引出手数料や振込手数料を支払っていると考えるとわかりやすいと思います。
またカレッジなどの長期就学学生は学生プランというのがあり口座維持費が免除されますので学ビザ保持者の方などはそちらの利用がお勧めです。

その② ATMカードにデビット決済機能がついている

カナダのATMカードにはデビット決済機能がついておりほとんどのお店で使えます。もちろんガム1つから洋服、食事などあらゆる買い物で利用できるので日常生活ではキャッシュレスで生活ができるので安全です。クレジットカードとの違いは口座からダイレクトに引落になるので使いすぎるという心配もないです。

その③振込より小切手で支払うのが一般的

カナダでは振込より小切手での支払いが一般的です。そのため家賃などまとまった金額は小切手での支払いが一般的ですので現地でルームシェアなどをされる方は口座開設をされることをお勧めます。
口座開設をすることによりネットバンキングを開設することができます。ネットバンキングからは日本のpayeasyのように光熱費や携帯代のような公共料金をネットバンキングから電子決済することが可能です。

各種お問い合わせ