SGIC|St, George International College(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)バンクーバ, トロントの語学学校

  • 資格を取得したい
  • キャリアップしたい方にお勧めの学校
  • 進学したい方にお勧めの学校
  • ワーホリの方にお勧めの学校
  • アットホームな雰囲気
  • フレンドリーな雰囲気
  • スピーキングができるようになりたい
  • プレゼンテーションができるようになりたい
  • ケンブリッジ(IELTS、CAE、ECE、BULTUS)
  • サマーキャンプ
  • 大学準備(大学進学)
  • 少人数
  • 中規模
  • ジュニア・サマーキャンプ(オプション)
  • C0-0p インターンシップあり(オプション)
  • スピーキングに強い学校
  • ビジネス英語

学校の特徴

トロントとバンクーバーにある中規模な語学学校!SGICで「英語+α」のカナダ留学を!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は、トロントとバンクーバーにキャンパスを置く語学学校です。生徒数は平均180名ほどの中規模校!「楽しく、そして厳しく」というモットーの通り、毎日アクティビティが開催されている一方で、厳しい「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」が徹底されてます。日本人比率は全体の約10%と少なく、費用重視の英語学習(ESL)や試験対策プログラム、ビジネス英語プログラムなど、少人数クラスが大人気!講師の質も高くフレンドリーな環境です。

【こんな方におすすめ!】
★カナダで質の高い英語教育(ESL)を受けたい!
★少人数クラスでコミュニケーションを大事にしたい!
★英語を高めつつもアクティビティで思い出作りをしたい!
★日本人比率が低い語学学校に通いたい!

SGIC|St, George International College(セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ)

カナダの留学生活に便利な2つのエリア・キャンパス!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は、留学生に人気のカナダの都市、バンクーバーとトロントに位置しています。

バンクーバー(Vancouver)キャンパスは2010年に、トロント(Toronto)キャンパスは2012年に設立されました。どちらのキャンパスも街の中心地にあるため、通学が便利なだけでなく放課後のショッピングやお出かけも楽しめます。

また、キャンパス間の転校にも対応しているため、「春はバンクーバーで学んで、夏はトロントで学ぶ!」ということも可能です。ここからは、それぞれのキャンパスの魅力について紹介していきます。

 

バンクーバー(Vancouver)キャンパス

バンクーバーキャンパスは、ダウンタウンのショッピング街として有名な「ロブソン通り(Robson Street)」に位置しています。そのため、交通の便がとても良いです。

スカイトレインが走っている最寄りのバンクーバー・シティ・センター(Vancouver City Centre)駅からは、徒歩約3分でアクセスできます。

パシフィック・センター(Pacific Centre Mall)へも歩いていくことができるため、クラスメイトと放課後にショッピングを楽しむのもOK!

また、学校のモットーは「楽しく、そして厳しく」であり、生徒数は100名から200名程度と小規模ながら、充実した英語学習(ESL)プログラムを提供しています。

学生は講師と積極的にコミュニケーションを取ることができ、授業中にも学生一人ひとりが英語に触れる時間が多くとれるのがバンクーバーキャンパス最大の魅力です。

 

トロント(Toronto)キャンパス

トロントキャンパスでは、「英語+ビジネス教育」に力を入れています。たとえば、カナダ大手の銀行であるモントリオール銀行(BMO|Bank of Montreal)と提携したビジネスプログラムを開講しています。

ロケーションは、TTC(Toronto Transit Commission)の地下鉄が走っているセント・パトリック(St.Patrick)駅とダンダス(Dundas)駅の中間地点です。

トロントの冬は平均気温がマイナス5℃ととても寒いですが、駅からほとんど外に出ることなく通学できるのがトロントキャンパス最大の魅力です。

また、ダンダス駅にはトロント最大級のショッピングモールであるトロント・イートン・センター(Toronto Eaton Centre)が直結しているため、ホームステイ先や学生寮で必要な日用品を買いに行ったり、クラスメイトとショッピングを楽しんだりするのに便利です。

さらに、キャンパスの周りにはトロント大学、ジョージブラウン大学、ライアソン大学、オンタリオ芸術大学などといった大学のキャンパスがあり、街中が学生たちの活気に満ちています。

 

ワーキングホリデーやコープ(Co-op)留学にも大人気!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は学生のニーズに合わせたディプロマプログラムを開講しているため、一部キャリアカレッジとしての側面も持ち合わせています。そのため、ワーキングホリデーやコープ(Co-op)留学の受け入れ先としても大人気!

とくに、ビジネス英語プログラム(Business English Diploma Program)やスピーキング強化プログラム(Speaking for Success:SSP)は卒業生からの満足度も高く、ワーホリ初期の選択肢として人気です。

さらに、英語や専門学習を進めながら実践的な経験を積めるジョイント・コープ(Joint Co-op)プログラムも開講しています。留学生の将来のキャリアが輝かしいものになるような理想的なプログラムがたくさん用意されているのも人気の理由です。

 

ジョイント・コープ(Joint Co-op)プログラムとは?

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)では、同じトロント市内にキャンパスを持つキャリアカレッジであるスプロット・ショウ・カレッジ(Sprott Shaw Collge)やトロント・スクール・オブ・マネジメント(TSoM|Tronto School of Manegement)と提携して、ジョイント・コープ(Joint Co-op)プログラムを開講しています。

ジョイント・コープ(Joint Co-op)プログラムは19か月を通して行われるプログラムです。

まず、語学学校で英語力を高めてから、キャリアカレッジでビジネス英語やホスピタリティを学び、最終的に有給インターンを経験するという内容となっています。段階を踏んでコープ(Co-op)留学できるのが最大の魅力です。

また、インターン先の企業への面接を3回まであっせんしてくれるというサービスもついています。このように、徹底的に英語学習や専門学習に集中できる環境が整えられています。

 

*カナダのコープ(Co-op)留学についての情報はこちらのページを参考にしてください!

【2024年版 】カナダの有給インターンCo-op(コープ)留学のメリットとは?ワーホリとの違いやポイントを解説

7段階の英語学習(ESL)や「英語+α」のクラスを用意!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は、一般英語プログラム(General English:ESL)やIELTS試験対策プログラム(IELTS preparation)、大学進学プログラム(Pathway Program)が人気の語学学校です。

とくに一般英語プログラム(General English:ESL)は、留学生の英語力に応じてクラスが7段階のレベルに分けられています。

また、「英語+α」のクラスが豊富です。学生のニーズやレベルに合わせて以下のような英語学習プログラムが開講されています。

  • スピーキング強化プログラム(Speaking for Success:SSP)
  • IELTS試験対策プログラム(IELTS preparation)
  • ビジネス英語プログラム(Business English)
  • ビジネス英語強化プログラム(English for Professionals)
  • 英語教授法プログラム(TYCP)
  • 一般向け英語教授法(i-TESOL)

カリキュラムはどれもスピーキング重視であるため、実用的なネイティブ英語を身に着けたい方におすすめです。午前中は英語学習(ESL)を受けて、午後はスピーキングに特化したクラスを受けるなど、履修も柔軟に対応できます。

プログラムの詳細な情報は、このページを下にスクロールした箇所で紹介しています。ぜひご覧ください!

 

中規模校ならではのアットホームな学習環境が魅力!

バンクーバーキャンパスは生徒数が150名から200名ほど、トロントキャンパスは400名ほどとセント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は中規模な学校です。

そのため、大規模な学校では体験できないアットホームな環境と小規模な学校では受けられないさまざまなコースがあります。

つまり、生徒一人ひとりに目が行き届くという小規模校ならではのメリットと、ホームページやパンフレットに掲載されている選択科目やレベルが実際に開講されるといった大規模校の安心感のいいとこどりができるのです。

 

バンクーバーキャンパスではアクティビティが毎日開催されている!

バンクーバーキャンパスでは、ほぼ毎日学生が参加できるアクティビティを開催しています。

在校生はもちろんのこと、卒業生や講師・スタッフも参加して、カナダの文化や生活を楽しむきっかけを与えてくれます。アクティビティの最中はもちろん「イングリッシュ・オンリー」であるため、楽しみながら英語力の向上も期待できます。

また、放課後や週末に学校主催のイベントやワークショップ、遠足などが開催されます。人気イベントの一例としては、スポーツ観戦やトロント市内観光、レストランで食事会などが挙げられます。

ほかにも、季節によってはスキーやスノーボード、BBQ大会などがあります。遠足に行く場合には、個人で行くよりもお得な価格で参加することが可能です。

カナダに来たばかりの学生を迎え入れる歓迎会(Welcome Party)も毎月開催しています。教室で学んだ英語を実践する場として、ぜひアクティビティに参加してみてください!

 

厳格な「イングリッシュ・オンリー・ポリシー」で厳しく指導!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)では、厳格な「イングリッシュ・オンリー・ポリシー(English Only Policy)」が定められています。

たとえば、学生が学校の教室や行事の最中に母国語で会話をしてしまった場合、以下のような処罰が下されます。

  • 1回目:注意(警告)
  • 2回目:1日の停学
  • 3回目:2日の停学
  • 4回目:コースの修了証(CertificateやDiplomaなど)の受領ができなくなる

このように厳しいながらも明確な基準を占めることで、留学生が英語力を高めるために日々努力する環境が整えられているのです。一方、普段のクラスは必ずしも厳しいものではなく、アットホームな雰囲気で楽しく勉強できるのでご安心ください!

 

サポートセンター(Help Centre)があるから留学中も安心!

サポートセンター(Help Centre)では、留学生からクラスの宿題についての質問や学習方法の相談などを受け付けています。

また、ワーキングホリデービザを利用してカナダに留学に来ている学生に向けて、アルバイト先に提出するカバーレター(履歴書)の添削をしたり、面接の練習をマンツーマンで指導したりもしてくれます。

さらに、少人数でちょっとお話しすることを目的とした「無料英会話クラブ」を運営したり、留学生がカナダ生活を満喫できるようにアクティビティを企画したりしてくれます。自分から積極的に話しかけることが苦手な日本人にうれしいサポートがたくさんあります。

 

講師の評価制度があるから教育の質が高い!

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)では、教師の質を維持するために独自の評価制度を導入しています。

学生からの評価を毎月学校が受け取り、それに基づいて講師一人ひとりのパフォーマンスを評価します。必要に応じては、先輩講師からクラスの質を上げるための指導やトレーニングを受けることになります。

また、学生からの評価が何度も70%を下回る場合は解雇されるという厳しい評価体制を維持しています。セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジで「成績」をつけられる人は、学生だけではなく講師もです。

このようにして、質の高い教育を行う語学学校としてトロントでも人気となっています。

 

SGICの紹介動画はこちら!

ロケーション

学校基本情報

住所 150 Dundas St. West 2nd, 3rd, 4th Fl. Toronto, ON. Canada M5G 1C6
学校ホームページ https://www.sgiccanada.com/introduction
日本人スタッフ
学生総数 【トロント】平均400名 【バンクーバー】150名~200名
クラス人数 平均12名(最大16名)
設備 学生用ラウンジ、キッチン、電子レンジ、自動販売機、卓球台、パソコンルーム、Wi-Fi など

プログラム

セント・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(SGIC|St. George International College)は、こちらのレベル表を参考にして対象のクラスが分かれています。

画像引用:St. George International College 公式パンフレット

 

一般英語プログラム(General English|ESL)

SGICの一般英語プログラムは、初級者から上級者まで個人のレベルに合った授業を提供しています。英語力がまだついていない留学生が最初に選択するプログラムです。

基本情報|一般英語プログラム(General English|ESL)

【対応レベル】

授業レベルは生徒の英語力に応じて3段階に分けられており、さらに細かく7つのレベル分け(レベル1~7)がなされています。

  • Fast-Track Beginner Program: Basic 1,2,3
  • Dynamic English Program: Intermediate 1,2,3
  • Academic Advanced Program: Advanced 1

クラスで70%以上の成績を修めたら次のクラスと上がっていける仕組みです。あなたの英語力に合った授業を常に受けられる環境がここにはあります!

【スケジュール】

一般英語プログラムは授業のスケジュールによって3つのコースに分かれています。

  • Intensive English Program(30レッスン/週)
  • Full Time Intensive English Program(40レッスン/週+CFCC)
  • X-Intensive English Program(40レッスン/週+CFCC+1:1授業)

*CFCCとは一般英語プログラムの授業以外で行われるグループレッスンです。

*1:1授業は毎日 1 時間行われるマンツーマンレッスンです。

【期間】

1週間~(上限なし)

授業内容|一般英語プログラム(General English|ESL)

クラスサイズは平均12人(最大16名)の少人数!コミュニケーションスキルに重点を置いてカリキュラムです。英語力を高めるためにリスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのスキルを磨いていきます。午前中にライティングとリーディングの授業を行い、午後にスピーキングの授業を行います。授業は担任制を採用しているので、生徒の癖や特徴をしっかり把握した講師からアドバイスを受けることができます。

 

スピーキング強化プログラム(Speaking for Success|SSP)

このコースは学生がネイティブスピーカー同様の語学レベルにすることを目指しています。授業の中では1:1で教師が生徒にフィードバックを行います。

スピーキングに特化したプログラムを求めているワーホリ生は必見!SGICの専門プログラムは語学学校の中でもかなり充実しています。

基本情報|スピーキング強化プログラム(Speaking for Success|SSP)

対応レベル レベル7
スケジュール

40レッスン/週

期間 4週間または8週間
クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
入学要件

SGIC アドミッション テスト 78%、または SGIC、または TOEIC 625、 または TOEFL iBT 55、または IELTS 5.5 + で上中級英語レベル 6 を完了 (口頭テストが必要)

授業内容|スピーキング強化プログラム(Speaking for Success|SSP)

  • スピーキング練習
  • スタジオ作品視聴
  • 記録、分析、修正
  • 発音、イントネーション、強調に関連するスピーチパターンを学ぶ
  • 大学の講義や英語のネイティブ スピーカーからリスニング テクニックを学ぶ など 

 

IELTS試験対策プログラム(IELTS preparation)

IELTS試験とは海外留学や研修のために英語力を証明することができる国際的な英語力判定試験です。永住権の獲得申請の対象となったり、入学審査の基準になったりする権威あるテストです。詳しくはIELTS公式ホームぺージよりご確認ください!

SGICのIELTS試験準備プログラムは、各試験項目の回答テクニックを学ぶことを目的としています。リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングすべての分野の指導を行います。

基本情報|IELTS試験対策プログラム(IELTS preparation)

対応レベル レベル6以上
スケジュール
期間 4週間または8週間
クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
入学要件

上級IELTS:

SGIC アドミッション テスト 80%、または SGIC、または TOEIC 625、または TOEFL iBT 55 以上、または IELTS 5.5 以上で上中級英語レベル 6 を完了 (口頭試験が必要)

中級IELTS:

SGIC 入学試験 65%、または SGIC で上中級英語レベル 4.5 を完了、または TOEIC 601、または TOEFL iBT 34 以上、または IELTS 4.5 以上 (口頭試験が必要)

授業内容|IELTS試験対策プログラム(IELTS preparation)

  • 模擬試験
  • 試験解説授業
  • 定期的な自己評価レポート など

 

大学進学準備プログラム(Pre-Pathway Program|PPP)

PPP プログラムは、カナダやアメリカの大学進学を目指している学生に向けたコース(UCPP)に進むための準備プログラムです。アカデミック英語と高度な英語コミュニケーションについて学習していきます。

対応レベル レベル7
スケジュール 40レッスン/週
期間 4週間または8週間
クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
入学要件 SGIC アドミッション テスト 80%、または SGIC、または TOEIC 625、または TOEFL iBT 57 以上、または IELTS 5.5 + で中上級英語レベル 6 を完了し、最低 5.0 の筆記 (口頭テストが必要)

 

大学進学プログラム(Pathway Program)

UCPPプログラムはカナダやアメリカの大学進学を目指している学生に向けたコースです。英語レベルが上級以上に達している学生が受講の対象です。文章の正確な書き方など高度なアカデミック英語を取り扱います。

高い志を持ってカナダに留学に行く人も多いと思います!ぜひこの機会に大学進学プログラムの受講を目標にしてみてはいかがでしょうか。

対応レベル レベル8
スケジュール 40レッスン/週
期間 4週間、8週間または12週間
クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
入学要件

SSGIC アドミッション テスト 82%、または SGIC、または TOEIC 660、または TOEFL iBT 59 以上、または IELTS 5.5 + で SGIC で中上級英語レベル 7 を完了し、最低 5.5 の筆記 (口頭テストが必要)

 

ビジネス英語プログラム(Business English)

国境を越えたビジネスの現場で働きたい方におすすめなのがこのプログラム!リアルな現場での英語のコミュニケーションについて学習できます。ワーキングホリデーに興味がある方はぜひ検討してみてください!

基本情報|ビジネス英語プログラム(Business English)

対応レベル レベル7
スケジュール

40レッスン/週

期間 4週間または8週間
クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
入学要件

SGIC アドミッション テスト 78%、または SGIC で上中級英語レベル 6 を完了、または TOEIC 625、 または TOEFL iBT 55 以上、または IELTS 5.5 + (口頭試験が必要)

授業内容|ビジネス英語プログラム(Business English)

セクションA

  • 第 1 週:コミュニケーション、 国際マーケティング、ブレーンストーミング、ミーティングなど
  • 第 2 週: 交渉、経営管理、プレゼンテーション など
  • 第 3 週: チーム ビルディング、競合の解決、ビジネス プレゼンテーションなど
  • 第 4 週: カスタマー サービス、アクティブ リスニング、M&Aなど

セクション B

  • 第 5 週:人間関係の構築、ネットワーキングなど
  • 第 6 週:電子メール、SMS、メモなど
  • 第 7 週:就職活動、履歴書、資金調達など
  • 第 8 週:インタビューとフォローアップ、危機管理など

 

    通訳翻訳プログラム(English for Professionals)

    テレビなどのメディアを通して楽しくリアルな英語を学習するプログラムです。便利な慣用句をたくさん学べるので、アメリカのテレビ番組も気兼ねなく楽しめるようになります!

    世界の問題などのトピックセンテンスから語彙を学習するします。新聞記事を読んだり、ニュースを見たりするのが楽しくなること間違いなし!通訳や翻訳を将来やりたいと考えている方におすすめです。

    基本情報|通訳翻訳プログラム(English for Professionals)

    対応レベル レベル7
    スケジュール

    40レッスン/週

    期間 4週間または8週間
    クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
    入学要件

    SGIC アドミッション テスト 78%、または SGIC で上中級英語レベル 6 を完了、または TOEFL iBT 55、または IELTS 5.5 + (口頭テストが必要)

    授業内容|通訳翻訳プログラム(English for Professionals)

    •  一般的な英語のフレーズの翻訳
    • ジャーナル翻訳
    • 慣用表現とスラング
    • 読解力
    • 基本的な翻訳テクニック
    • 記事の翻訳
    • ニュース台本の翻訳・口述
    • 字幕フレンズ、その他のテレビ番組
    • フィクション/ノンフィクションの翻訳
    • スキット台本翻訳

     

    英語教授法プログラム(TYCP|Teaching English to Young Children Program) 

    TYCPプログラムとは主に3歳〜12歳児対象の英語教育を学習するコースです。英語の育児教育、ジュニア教育に興味がある方はこのコースがおすすめ!

    典型的な ESL コースとは異なるアプローチで英語を学習したい学生は、自分自身でいくつかの教授法を学ぶという挑戦を楽しむことができますよ!

    基本情報|英語教授法プログラム(TYCP|Teaching English to Young Children Program) 

    対応レベル レベル7
    スケジュール

    40レッスン/週

    期間 4週間
    クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
    入学要件

    SGIC アドミッション テスト 70%、または SGIC、または TOEIC 601、 または TOEFL iBT 34、または IELTS 4.5 + で中級英語レベル 5 を完了 (口頭テストが必要)

    授業内容|英語教授法プログラム(TYCP|Teaching English to Young Children Program) 

    • 子供の視点を理解し、英語を教える際に必要なさまざまな学習者を巻き込む方法
    • 教室で効果的なゲーム、歌、工作のアイデアを学ぶ 
    • 幼児の発達理論と授業計画
    • 基本的な教授法と積極的な子供たちへのしつけ など

     

    一般向け英語教授法(i-TESOL)

    TESOLとは英語以外の言語を母語とする人々(英語圏の留学生や移民、そして外国語として英語を勉強している人たち)に英語を教えるための教授法です。

    将来カナダやアメリカなどの英語圏のみならず、日本国内でも英語教員として働きたい方におすすめ!

    基本情報|一般向け英語教授法(i-TESOL)

    対応レベル レベル7
    スケジュール

    40レッスン/週

    期間 4週間
    クラス人数 平均 12 ~ 14 人 (最大 16 人)
    入学要件

    SGIC アドミッション テスト 75%、または SGIC、または TOEIC 625、 または TOEFL iBT 55、または IELTS 5.5 + で上中級英語レベル 6 を完了 (口頭テストが必要)

    授業内容|一般向け英語教授法(i-TESOL)

    • 英語のプレゼンテーション
    • 授業計画とアクティブな模擬授業
    • 1:1でのフィードバック
    • TKT (Teaching Knowledge Test))を受験する準備授業 など

    料金

    【2024年版】SGIC|St, George International College

    画像引用:St, George International College「Tuition」

     

    【注意事項】

    • 料金表の表記はすべてカナダドル(CA$)です。為替の影響を考慮して日本円での表記は行っておりません。
    • 料金表の改定は学校公式サイトの発表後に順次行っています。当サイト反映まで若干のタイムラグが生じてしまう点、ご理解のほどよろしくお願いいたします。
    各種お問い合わせ