CCEL【カナダの語学学校】(バンクーバ)

  • 語学学校

学校の特徴

カナダのカレッジのディプロマも取れる学校

この学校はダウンタウンの中心地のとても治安の良い場所にある学校です。 また教材は全て電子化されているので授業はパソコンやタブレットなどを使用する最先端のシステムを取り入れています。 国籍制限(入学規制)を持っている学校ですので国籍のバランスが良い学校です その他学校内にカフェレストラン「EH?」を開いているので実際インターンシップの経験をすることが可能で特にワーキングホリデーの方に人気があります。またアクティビティではヨガや老人ホームのボランティアなどのイベントもあるので、ボランティアやカルチャークラスに興味のある方に大変人気がある学校です。

学校外観
こんな人にオススメ!
  • ●英語初心者から専門クラスを勉強したい
  • ●ワーホリの人
  • ●国籍のバランスが良い学校で勉強したい
  • ●インターンシップがしたい
  • ●カフェで働きたい
  • ●学生寮に住みたい
  • ●出発前からオンラインでしっかり勉強して英語力を上げたい

 

日本出発までの渡航前事前学習 =PAL=

この学校では、語学コースを申込みされた方全員にもれなく渡航前オンライン習(PAL)無料でご提供しています。英語ができるとできないとではできる経験の量が違います。より充実した留学生活を送るために渡航前にできるだけ英語力を上げておくことは、短期、長期に関わらず、すべての留学生にとって重要なポイントです。使用開始は申込後からになりますので早めに申込されることにより、より長く渡航前に学習することが可能です。

ロケーション

学校基本情報
住所 バンクーバ
学校ホームページ http://canada-english.com/jp/
日本人スタッフ
学生総数 平均250-300人名
クラス人数 平均 12 名 最大 15 名名
設備 学生寮:有り
WIFI
コンピュータルーム
ラウンジ
キッチン
カフェレストラン

プログラム

英語クラス

一般英語(ESL)コースについてから進学コースまで幅広いコースを持っているので長期で通われたい方や資格など勉強した内容を形に残したいという方にはお勧めの学校です。

また教材は全て電子化されているので授業はパソコンやタブレットなどを使用する最先端のシステムを取り入れており、ホワイトボードもスマートボードを使用するなど最先端の設備を備えています。

カリキュラムは総合英語を学ぶ「スマートコアクラス」と弱点強化や興味のあるもので学ぶ「選択(elective)クラス」の組み合わせになります

下記がESLクラスの1週間のサンプルスケジュールになります。

<選択(Elective)クラス>

選択授業のクラスについては下記を参考下さい。

※注:全て選択クラスは、時期や希望者の数により、開講されない可能性があります。

初級/初中級コミュニケーション

これらのレベルの生徒向けの “サバイバル英語” と語彙力強化。生徒はペアワーク、グループワーク、ロールプレイなどにより、より実践的で自信につながる方法で英語を使う練習を行います。通常2~3つのコミュニケーションのクラスがこのレベルでは開講されているので生徒それぞれの学習スタイルを考慮した上でクラスが決められます。

発音

初級/初中級レベルの生徒向けで、どのように英語の表現に “耳を慣れさせる”かを学びます。リスニング、反復練習、対話練習に焦点をおいた練習を通して、生徒はいろいろな音声を学び、言語間の違いを勉強し、問題を含んだスピーチパターンを克服することができます。

中級コミュニケーション

中級レベルの生徒は会話力に、より入り組んだ文法の織り交ぜ方を学ぶ必要があります。話し英語の自然なパターンに “ついていける” ためにリスニング力をより向上させる必要があります。

中上級&上級のコミュニケーション

このレベルの学生は、ディベートやディスカッションに参加することで批判的思考力を向上させます。また、様々なイディオムや口語表現を学び、また異なる文化における英語表現の違いについても理解を深めます。 

Test of English for International Communication (TOEIC®):

TOEIC は英語の理解力が問われる環境において働いている人、または働こうと考えている生徒向けに構成させた集中試験準備コースです。TOEIC コースでは継続的評価の提供、 毎月模擬試験実施、担当インストラクターは生徒を公式試験に向けてガイドします。推奨されるレベルは上中級以上です。

Test of English as a Foreign Language (TOEFL®):

大学と職場において英語のレベルの指標として認識されており、TOEFL 準備コースは試験の点数を上げるのに必要な生徒の弱点強化の学習に役立ちます。このコースはトピックリーディング、ライティング、リスニング、構文をカバーしています。2005年10月発行された最新のTOEFLのイントロダクションでは、生徒はさらにスピーキング力を伸ばす方法も学びます。模擬試験、レクチャー、コンピューター実習が組み合わされコースがより効果的なものになっています。奨励されるレベルは上中級以上です。

時事英語/メディア:

いろいろな生活環境でどのように英語は使われているのでしょうか?地方、国内、世界で何が起こっているのでしょうか?生徒はこれらの質問にたいして新聞や雑誌の記事を読んだり、ニュース番組を見たり、最近の重要な出来事についてディスカッションをしたりして探究します。生徒は上中級以上の英語のレベルが必要で、他の生徒とディスカッションを通してのやりとりに意欲的な方に限ります。

イディオム/スラング

中級(またはそれ以上)の生徒は英語 “くだけた”表現をどのように理解したらよいのかを学習します。このコースはスラングのフレーズ、イントネーション、話し言葉の語彙習得に着目しています。対話式、このコースは対話が重要なので、生徒は自身が出会った表現や、カナダに来てから聞いた言葉を積極的にシェアしてもらいます。

カナディアン・スタディ

カナダはどれくらい大きい?モントリオールの歴史は?カナダ出身の有名なミュージシャンは?カナディアン・スタディではこの広大で多様な国にまつわるトピックに着目しています。地理、歴史、スポーツ、有名人、言語、民族性、気候などからいくつかの話題をこのコースでは学習します。推奨されるレベルは中級以上です。

リーディング/ライティング

継続的に開講はされませんが、リーディング/ライディングのイレクティブが試験準備期間、大学編入期間とその他講師と生徒より特にこの分野の特科が要請された時のみ追加されます。基本的に中級/上中級、上級/上上級の二つのレベル向けです。

パブリックスピーキング

この上中級から上級レベル向けのコースは生徒がスピーキングとライティングスキルを伸ばすのに役立ちます。北米では、どのようにアイディアをまとめ、ジェスチャーを使い、アイコンタクトし、イントネーションを使い、話すスピードを変えて聞き手を引き付けるかを知ることによって、生徒はスピーチの書き方、プレゼンテーションの組み立て方を学びます。

ケンブリッジ英検(FCE)

これらの選択クラスは朝のケンブリッジコースの補足で、公式のFCEやCAE 試験を受ける生徒は必修です。それぞれの選択クラスはそれぞれのレベルで必要なスキルを習得できるように構成されています。(インタビュースキル、リーディング/ライティング、リスニングなど) また、生徒へ試験のルール/レギュレーションに役立つ情報の提供、試験に必要なロジスティックも提供します。

ケンブリッジ&IELTSテスト

CCELのIELTS準備コースは英語圏の大学入学希望の方に最適のプランです。

 


人気のアクティビティー
CCELでは毎週無料のアクティビティーや、週末トリップ、地元のレストランやバーでの交流イベントを開催しています。校内のレストランでは毎週無料会話クラブも行っており、自由に参加できます

http://canadiancollege.com/jp/activities

 


ワーキングホリデープログラム

このプログラムはCCELでの英語コース修了後、アルバイトをしたいと考えている方に最適です。ESLで中級レベルまで英語力を上げた後、様々な仕事の現場で使えるビジネス・イングリッシュ、求人情報、レジュメ&カバーレター、面接といったジョブサーチスキル、そしてカフェやレストランで働く際に使えるホスピタリティ・サービス(接客)スキルを身につけることができます。
1)一般英語ESL(毎週月曜日スタート可)
2)ビジネス・イングリッシュ( 8~12週間)
3)ホスピタリティ・サービス・トレーニング(選択クラス4週間)
4)学校運営レストラン(eh! Restaurant)でのインターンシップ (2週間程度、希望者のみ)
サンプルスケジュール(16週間の場合)

Q1. ビジネス英語コースとは?
ビジネス英語コースは、2つのレベルで構成されており、英語を使った仕事をする上で役立つ様々な英語スキルを習得するプログラムです。ビジネス英語(レベル120)では、カナダでアルバイトやインターンシップをする際に必要な、履歴書、面接、求人情報など、様々なトピックがカバーされています

 


ホスピタリティ・サービス英語コース(EHS)

EHS(English for Hospitality Service)は、レストランやカフェで働く際に役立つ英語、及び実用的スキルを学びたい方を対象としたプログラムで、以下の項目が含まれます。CCEL自慢のeh!レストラン&カフェで、実際にエスプレッソマシーンを扱ってみるなど、実践的な内容が特徴です。

●カスタマーサービス英語

●カフェ&レストランでの実習

●コーヒーメイキング(バリスタ)

●バーサービス

●BC州認定 The Serving It Right (SIR) 資格(The Serving It Right (SIR) 試験-$40が別途必要)

またCCELのキャリアサービスオフィスでは、お仕事探しやインターンシップなどについての個別相談、求人情報のご提供などを随時行っています。


Q3. eh!レストラン&カフェとは?
eh!レストラン&カフェは、CCELキャンパス内にある本格的なレストランで、
ホスピタリティの専門コースの授業や実習の場としても使われています。
このレストランは、世界中から集ったCCELの留学生だけでなく、学校スタッフや地元のカナディアンも利用しているので、英語を使った交流の場として最適です。

 


長期留学生のためのスマートイヤープログラム

このプログラムは1年以内留学で、一般英語だけでなく、ビジネスなど専門のコース受講を考えている方に最適です。スマートイヤーでお申込みされると申込み期間内は追加料金なしでコース変更が可能です。

Smrt Yearは、以下のような方にお勧めです。
– 1年以内の留学で、できるだけ費用を抑えたい!
– 出発前に全てのプランは決められない。。。
– 現地で英語レベルが上がったら、いろいろなコースに挑戦したい!
– 語学だけでなく、ビジネススキルや国際資格を身につけたい!

 


併設のキャリアカレッジ(Canadian College)で有給インターンシップ

この学校はキャリアカレッジを併設しているので英語力に自信がない人でも安心です。

またトロントにあるST. LAWRENCE カレッジのCURRICULUMのプログラムを持っているのでST. LAWRENCE カレッジのディプロマもダブルで取得することが可能です。

主なプログラム:

  • ●Businessプログラム
  • ●Hospitalityプログラム
  • ●International Tradeプログラム
  • ●Project Managementプログラム
  • ●IT and Social Mediaプログラム
  • ●ST. LAWRENCE カレッジCURRICULUM

期間:3ヶ月のサーティフィケイト~最長2年

有給インターン:有り

カレッジプログラム詳細はこちらを参照ください。

 

 

料金

2019年

 

CANADIAN COLLEGE(キャリアカレッジ)

各種お問い合わせ