留学お役立ちコラム

【厳選比較2019】カナダでスマホ携帯をすぐに使う方法とインターネット環境について

基本的にSIMロック解除がされているスマートフォンであればカナダの携帯会社(キャリア)のSIMが使うことができるます。
現在、ドコモとAU,ソフトバンクショップはSIM解除に手続きをしてくれるので、上記のスマホを使っている人はカナダに行く前に手続きをするとカナダの携帯会社(キャリア)を介して携帯を使うことができます。

日本で使用していたスマホ携帯はカナダで使える?(SIMロック解除について)

総務省により2015年5月以降、どの各携帯会社でもSIM解除の義務化が実施されました。
つまり日本で使っていたスマホでも海外ローミングせず自分の携帯でカナダも普通に携帯でネットなど普通に使うことができるのでわざわざ現地で携帯を購入する必要がありません。
ちなみに私が試したのはドコモのスマホ(galaxy s3)とソフトバンクのスマホiphoneでカナダの携帯会社FIDOでSIM micro cardを購入しました。

 

2017年9月時点の最新情報
iphoneであれば特に設定をすることなく自動的につながります。但し、今回私が使用したi phone6Plusでは再起動の際にApple IDとパスワードの入力が要求されました。AppleIDを覚えてないという方は必ず確認してから渡航してくださいね!
※使用されているアプリ等によってはAPNなどの設定変更が必要のようです。

 

下記はAndroidスマートフォーンの設定方法です。その他FIDOで使用する際の設定はこちら

 

 

注意
こちらにはiphoneなどFIDOの(SIM解除した)その他携帯機種の設定方法が記載しているので参考にしてみてください。
最近iphoneでOCNなどのMVNO、いわゆる格安SIMを利用されている方も増えていますが、その場合契約会社によっては特別なAPNプロファイルの設定がされていることがありますので、それらの設定やプロファイルを削除する必要があります。(APN構成プロファイルのアンインストール及びインストール方法については各MVNO契約会社に多い合わせください)

今使っているSIMフリーのスマホ携帯を使ってカナダの空港に到着したらすぐに使える! 日本出発前にカナダの携帯会社のSIMカードをゲット!

 

IAJPでは下記のカナダの携帯会社SIMカードをご用意しています。

日本にいるうちに申込み手続きをして、SIMカードもご自宅に郵送するので、カナダ空港に到着後すぐにローカルフォンとして利用可能です。特に未成年の方は現地では契約ができません。日本にいるうちに手続きをすることにより現地ストアに行く必要がないので安心ですね!

 

FIDOとは?:カナダの大手の携帯会社(Rogers, Telus, Bell, etc)の1つで、犬をメインキャラクターにしているカナダの代表的な携帯会社の1つです。またPHONEBOXなどのいわゆるMVNO会社とほぼ同じ料金プランですがカナダの大手の携帯(キャリア)会社の1つになるで安心して利用ができます。学生やワーホリなどビザをお持ちの方はお得な月額プランがおすすめです。

 

KOODOとは?:【ワーホリや留学など3ヶ月以上使用する方向け】カナダの大手の携帯会社(Tellus系列)の格安SIMです。カナダの99%をカバーしているTellus線を使って格安の料金で利用することができるのが大きな特徴。学生やワーホリなどビザをお持ちの方はお得な月額プランとプリペイドプランから選択可能があります。解約手続きが必要ですが、こちらからお申し込みすると日本語で解約手続きができます(LINEで連絡OK!)。

 

LuckyMobileとは?【高校留学などお子さまに持たすスマホ携帯としてオススメ!カナダの大手の携帯会社( Bell)の小会社。プリペイド式のプランを販売し、主要都市で使用できる格安プランとカナダカバー率96%のエリアで使用ができるProvince&Canadaプランの2つから選ぶことができる活気的なプランになっています。申込期間に制限がないので短期の申込が可能。また自動引落機能を使うことによりプリペイド式でも月額プランのように使用することが可能。またデータ容量を使い切っても自動チャージはされないので使いすぎの心配なし!また低速モードで使い続けることができるので特に旅行で行かれる方や未成年の方にオススメの携帯会社です。

 

↓↓

各携帯会社のプラン料金や申込方法はこちらへ

※現在KOODO

※お持ちのスマホ携帯がSIMロックフリーになっているかのご確認をお願いたします。(日本で出発前にご利用の携帯電話会社にご連絡していただき、SIMロックの解除をしてください。)

カナダのインターネット(パソコン)事情

 

留学・ワーキングホリデーの際に多くの方がノートパソコンを持参しようか迷われます。
目安として、普段の生活でPCを使っていて、PCが生活の一部になっている方は 、持参されると良いかと思います。最近は、日本でも最近は1人一台の時代なので持参されるとよいかと思いますが、パソコンについての知識が全く分らないという方や、上記に当てはまらない方は学校や図書館などで無料でPCが利用ができるので、それで間に合うと思います。
また、都市には日本のようにインターネットカフェ(日本語可)もあり、また学校や図書館にも無料で使えるインターネットもあるので、ノートパソコンを持っていかないとインターネットが使えないという環境ではありません。自分専用のパソコンが欲しいという方は持参されると良いでしょう。但し、サービスはあまりよくなく、設定など自分でする事があるので留学・ワーキングホリデーの際にノートパソコンを持参しようか迷われている方は、パソコンについてある程度知識を持っているほうが良いかと思います。スピードはカナダの方が少し遅いかもしれませんが、カナダのインターネット事情は日本と同じです。

=インターネットの利用=

留学・ワーキングホリデーの際に多くの方がノートパソコンを持参しようか迷われます。
目安として、普段の生活でPCをまずインターネットを接続するにはカナダも日本同様プロバイダとの契約が必要です。
カナダでの大手はRogersやShaw-cable(バンクーバ)が有名ですが、それぞれの地域に強いプロバイダ会社があるので、現地に行ったら学校の先生や友人に聞いて見ましょう。

=申込方法と料金=

ここでは上記2社について簡単に説明します。
Rogersは携帯やケーブルTVなど多種類の事業を展開しており、特にトロントではRogersの利用が多く見られます。
Shaw-cableは主にバンクーバなど西側のエリアに強いTVケーブル会社で、ケーブルTVを申込する際に一緒に手続きできるので人気です。
各店に行くと申込の手続きが可能です。料金は上記2社の代表的なプランです。詳細は各店へお問合せ下さい。

WIFI(無線インターネット)について

 

カナダは日本と同様一般家庭にもWIFIの普及が広いのでIAJPでもWIFIの利用が可能なホームステイ先のご案内をしています。
またカナダでもバンクーバやトロントなど大きな都市であればはカフェや公共施設など外出先でも無料WIFIスポットを見つけることができるので日本より便利です。
iphoneなどのスマートフォンやタブレットなどの普及により国際電話の選択も大きく変化しています。日本⇔カナダの国際電話はWIFIを使っての利用がおすすめです。もちろん今まで通りノートパソコンからスカイプなどの無料通話も可能ですし、iphoneやアンドロイドなどスマートフォンやタブレットなどを使えば外出先でも持ち運びが簡単なので無線インターネット(WIFI)接続をして、LINEやViber、カカオトークなど無料通話アプリを使って日本とカナダで無料(インターネット)通話をするのが一番良いかと思います。
ただ、海外でわざわざ高額なスマートフォンを買うのはもったいないので、スマートフォンは日本使っているものを持参し、現地では安い普通の携帯電話を購入して「2台持ち」をして使い分けるのが賢い使い道だと思います。ここでは簡単に無料アプリの紹介をしていきたいと思います。

公衆電話のかけ方

 

①受話器を上げる
②25セントコインを入れる
③電話番号を押す

国際電話のかけ方

(カナダから日本)03-3333-4444にかける場合

81+3-3333-4444(市外局番の0を取る)

 

(日本からカナダ)604-5555-7777にかける場合

010+1+604-5555-7777

 

各種お問い合わせ